腎臓病の症状|早めに病院で検査を受けよう

早めに治療して健康に

手

腎臓は老廃物を排出して血液を浄化したり、血圧を正常に保つなどの重要な働きをしています。腎臓の細胞は再生されませんので、普段からしっかりケアすることが大切です。もし腎臓病の不安がある場合は、腎臓病治療の実績のある医療機関を探して早めに受診しましょう。

Read

負担をかけないことが大事

病院

腎臓には、私たちの身体の中にある毒素や老廃物を取り除いたり、体内の水分量を調節したりする働きがあります。この腎臓の機能が弱まってしまうのが腎臓病で、腎臓病を防ぐためにはバランスのよう食事を心がけたり、水分をこまめに摂取したりすることが効果的です。

Read

日本人の8人に1人が発症

患者と先生とナース

日本では8人に1人は腎臓病を抱えているといわれています。特徴は自覚症状がないことで、それが患者数が多い原因となっているのです。予防するには定期的に検診を受けることです。腎臓病に効果的なのは食事療法です。特に塩分を控えることが大事で、家庭で療養する場合は腎臓病食の宅配弁当が人気です。

Read

新たな国民病

ハート

近年では、新たな国民病として慢性腎臓病が問題視されています。この慢性腎臓病とは、腎臓の働きが異常に低下してしまう病気です。睡眠不足、食生活の乱れで腎臓に負担をかける事で起こります。慢性腎臓病の患者数は、ある統計によると、20歳以上の8人に1人がかかっているという事です。慢性腎臓病になると起こる症状としては、尿の泡立ちが目立つようになります。というのも、腎臓がきちんと機能しないので、大量の蛋白が尿に排泄されるからです。その他にも、朝起きた時にまぶたが腫れる、手足のむくみが目立つなどの症状が有ります。これは、腎臓の尿を作る機能が低下して、身体から十分に水分が排泄されない事で起こります。このような症状がでたら、すぐに病院での治療が必要です。

慢性腎臓病は、腎機能が一度低下してしまうと元に戻ることがないです。そのため、病院での治療方法は、これ以上、腎臓の機能が低下しない治療となります。具体的には、慢性腎臓病の治療として生活習慣・食事の改善、薬物治療などが行われます。この中でも特に注意しなければいけないのが、食事についてです。例えば、毎日食べる食事において塩分の制限を行う必要が有ります。というのも、塩分を摂り過ぎると、高血圧になって腎臓に負担がかかるからです。また、体に水分が溜まってむくむことになります。そのため、一日3gから6g内に塩分の摂取を制限する必要があります。それと同時に、たんぱく質の摂取も制限する事が大事です。なぜなら、たんぱく質を消費する際に、腎臓に負担がかかるからです。なので、必要以上に摂らないように制限する必要があります。