腎臓病の症状|早めに病院で検査を受けよう

負担をかけないことが大事

病院

腎臓は身体の中の毒素・老廃物を除去したり、水分の量を調節したりと私たちが生きていくためには欠かすことのできない臓器です。この腎臓を痛めてしまうのが腎臓病です。腎臓病を予防するためには、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。バランスの取れた食事を心がけていると、塩分を取り過ぎてしまうのを防ぐことができるため、高血圧になってしまうのを防ぐことができます。これに対して、バランスの偏った食事を続けていると、必要以上に塩分を取り過ぎてしまうため、腎臓病の原因とも言われている高血圧の状態になってしまいます。このように、バランスの取れた食事を心がけることで、塩分の摂取量を適切な範囲にとどめておくことができるため、腎臓に余計な負担をかけずに済みます。

腎臓病を予防するためには水分をたくさん取ることも効果的です。水分をたくさん取ることで、体内の老廃物の濃度が薄まるため、腎臓にかかる負担を小さくすることができます。これに対して、水分をこまめに摂取しないと、体内の老廃物の濃度が高くなるため、それをろ過する腎臓の負担が大きくなってしまいます。また暑い日やスポーツなどをして汗をたくさんかいた後にもしっかりと水分を補給するように心がけましょう。のどが渇いてから水分を補給するのではなく、のどが渇く前に水分を補給するくらいの感覚でちょうどいいと思います。このように、水分をたくさん取ることで普段フル回転で働いてくれている腎臓を少しだけ休ませてあげることができるのです。